RSS | ATOM | SEARCH
焼き鳥「なかんむり」オープン 都島日記 第3回
 今回は大阪・京橋近くに2月にオープンした焼鳥店「なかんむり」を紹介します。場所はJR京橋駅を北にいくと1号線という大きな道路にでます。そこから西へ10分掛かりません。道路左側です。壁に書かれた大きな「な」という字と右上の冠が何と言っても目を引きます。「な」に冠で「なかんむり」という店名な訳です。


お店はカウンター主体で奥がテーブル席です。清潔で焼き鳥店と思えないスタイリッシュな内装が素敵です。手書き文字の和紙っぽいメニューは焼き鳥、一品メニューが書かれています。メインの焼き鳥ですが、希少部位がいっぱいあって、「そろばん」とか「みさき」とか名前からはどの部位かわからないものがありますが、聞けば親切に教えてくれるので大丈夫です。まずは「そり」これはもも肉のいいところを焼いてくれます。かなりのボリュームで香ばしくてジューシ−、噛むと肉汁がほとばしります。うまー!
今まで食べたソリレスでも最上級です。これで1本150円です。普通のももは80円と激安です。

つづいて白子かんむり(とさか)魚の白子は知ってますが鳥の白子は初めてです。ごらんのようにぷりぷりで噛むとぷちっと弾けて、肉汁が入ってきます。絶品。是非!食べてみてください。鶏冠(とさか)は雄鳥の頭のあれですが、最初勇気がいりましたがコリコリして軟骨みたいでおいしかったです。

そのほか、こだわりの唐揚げ や、おいしい卵かけご飯、締めの鳥スープ(20円!これはうまいです)きょうの菜 の串焼き(日替わりの珍しい野菜。この日は百合の芽でした。きぬさやみたいでおいしい。100円)など色々あります。
そして店長の中辻さんが芋焼酎に造詣が深く、お任せすると色んな、また好みにあった焼酎をセレクトしてくれます。カウンターの後ろにずらっとビンが並んでいてそれを見ながらグラスを傾けるのも楽しいです。行き届いたサービスとおいしい料理で楽しいひと時を過ごせますよ!
author:KTA, category:グルメ, 17:54
comments(0), trackbacks(0), - -
都島日記 第2回 裕寿司都島店
 都島や京橋のお店や風物を紹介する都島日記。久々の第2回。また寿司屋になりますが、都島駅にほど近い都島本通の裕寿司(ひろずし)です。
筆者おすすめのこのお店、何がおすすめといって安いうちは家族3人で行きますが、4千円とかかかったことはほとんどないです。3千円台でいけます。それで回転寿司じゃなく板前寿司ですよ!ネタも悪くなく、最低50円台から高くても150円台。(もちろん2貫で)飲み物もビールが290円ボトルキープ1800円と激安。僕は食べるのはそれほどでも飲み代がかかってしまうのだが、ここは両方安い。
店長さんも気さくで雰囲気もいい。店員さんがまだ慣れていないのかちょっと間違えて持ってきたりするのも愛嬌でしょう!豊中や茨木にもお店がありこちらはわかりませんが、都島はいきつけにしていてお勧めです。                               局長かつ
author:KTA, category:グルメ, 22:12
comments(0), trackbacks(0), - -
都島日記 第1回 穴場都島店
 わが社のある都島区のおいしい店や風物を、折に触れ紹介しようと思う。題して都島日記。今回は12月17日に移転オープンした「大衆寿司居酒 穴場 都島店」(居酒屋でなく居酒、誤植ではない)
座り寿司ながら激安価格、一品メニューも非常に多い(ハンバーグや唐揚げなんてのもある!)あと特徴としてネタがかなり大きい。ゲソ90円2貫 蒸しホタテとかぶりポン190円とか。
都島店は元々、都島警察前の信号を南に渡り、2分ほどいったところにあったが、立地がひっそりしていて、店内もちょっとモロッとしていて文字通り 穴場な店だった。今回、地下鉄都島駅の目抜き通りである都島本通に移転して 非常に清潔な広い店に生まれ変わった。いきつけなので17日にさっそくお祝いに行った。常連ばかりだったのが家族連れでも入りやすくなっている。いいことだと思うが、隣の席で食べていたおじさんが「きれいすぎて、逆に落ち着かない。うらびれた感じがよかったのに」と言ってるのを聞いた。「そんなものかな」と思いつつも前にあった少年ジャンプマガジンが無くなったのは残念と思った私もいた。(寿司屋に漫画雑誌は普通置いてない)
20日の月曜日まで飲み物が180円均一と安いのでお近くの方は行ってみて下さい。
あと店長さんは感じのいい方でちょっとイケメン、毎日いる古株の女性店員さんは愛想よくコケティッシュな方です。                             
                                            局長かつ 
author:KTA, category:グルメ, 01:55
comments(0), trackbacks(0), - -